翻訳チーム


本日は、翻訳をお手伝いしてくれた方をご紹介。

まずは、I子さん。
プロデューサー合田氏の奥様です。
「マウし」を観にきてくださって初めてお会いしました。
とってもキュートな方です。
マウしでコロコロとたくさん笑ってくれました。
なんと、お医者様の通訳をなさってるそうです。

そして、Tちゃん。
美香Lの元同僚です。隣の机でした。
小柄でおしゃれで、テンション低め。
英語の電話にオロオロする上司を尻目に、
ぺらぺらぺらーりっと対応する才女です。
高校・大学をカナダで過ごしたと、最近知りました。

お二人のお力がなければ、字幕を作るなんて、
無謀な計画に終わっていたかも・・・。
ご協力に感謝して、しっかり作品を伝えてきます!


つゆくさ



スポンサーサイト
  1. 2009/10/05(月) 23:57:33|
  2. 綱吉くんメンバー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役者紹介其の24・清水崇志

清水さん

その名を清水崇志という。
アメリカからの登場です。
山名伸右が演じた「藤山」(綱吉さまの第二の家臣)役。

ミツルギさんとマイケルさんが初めて出会った一心寺シアター倶楽「キャバくらしよう」に出演していました。当時は「なんて踊りの上手い人だ」と感心してました。

役者紹介は、その人にある程度インタビューするのですが、
苦手なタイプなので、省略。人の噂だけで綴ります。
私は心の中で「異星人」と呼んでいます。

華麗なる経歴です。
自衛隊員→松竹芸能→ダンサー
なにがなんだか。
そして今は「1年、イギリスに行きたい・・・それから・・・」とか言ってます。
ね、苦手でしょ?こんな人。

ものすごい身体能力が高いです。
そして赤塚不二夫マンガみたいな芝居をします。
そーいう意味では超よびになじんでいるのかも。

この人もマイケルさんの教え子です。
「雨に唄えば」を観て、タップの道に入ったとか。
まだまだ謎が多い清水さん。
無限の引き出しを感じます。


  1. 2009/09/28(月) 23:39:48|
  2. 綱吉くんメンバー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役者紹介其の23・奥田美樹

奥田美樹さん

奥田美樹さんです。
アメリカ公演からの参加です。

元気で頼りになる姉さん。
年下だけど、ついていきたいタイプです。
芝居も英語も、ダンスもできるマルチプレーヤーです。
今回の「ハチ公」(あまぞんがやってました)はアメリカでは現地キャストが担当します。
もちろんオール英語。そこで、彼女に代役をしてもらっています。

非常に表現力が豊かで、ユーモアのあるダンスをします。
だから、もともとは役者さんかな?と思ってました。
違いました。
高校生の時にダンスを始めました。
「なんか面白いことないかな~」と思って。

マイケルさんが、ミュージカル学校の講師をしていた時の生徒さんです。
クロ役の北村毅くんと同じ学校。

3ヶ月ほど、アメリカにダンス留学してました。
まず、「アメリカのどこでダンスを習おうか?」とそマイケルさんに相談。
マイケルさんはご自分のダンス師匠の娘さんを紹介。
師匠は亡くなっていて、娘さんがダンス教室をやっていました。
マイケルさんもその娘さんとは連絡が途絶えていましたが、それを機会に復活。
めでたく奥田さんは、そこでダンスを習えたわけです。

この公演に出るきっかけは偶然です。
ミュージカル学校の先輩が、全く違う用事でマイケルさんに連絡。
この芝居のことを伝えたら、即出演決定。
「じゃあ、美樹ちゃんも出る~?」と言われ、即答。

こんな感じで、あれよあれよという間に、ここに来ました。
ご縁ですなあ。

ダンサーなのに「顔で踊る」奥田さん。
頼りにしてます。








  1. 2009/09/20(日) 01:55:07|
  2. 綱吉くんメンバー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソウル大臣・アボンボ

アボンボ

写真うつりええなあ。
超人予備校の音響スタッフ・阿保知子です。
秋の本公演と春のカフェ公演で音響をしています。
夏は、楽屋まわりとかのお世話をしてくれます。

超人予備校に入ったキッカケは
「赤犬」のクスミヒデオさんのファンだったからです。
昨日の日記の歌のお兄さんですよ。
クスミさんがミツルギさんの芝居に出るから、たまたま見に来たのです。
そして、なにを勘違いしたのか、超よびに入団。
尾松と一緒に勘違いのまま5年がすぎました。

アメリカ公演では大役をまかされています。
私たちは、英語が話せません。ですから、英語の字幕スーパーを流します。
その字幕を出すのがこの人。
コメディでテンポが早いミツルギ芝居を把握してないと
いくら英語が堪能でも、タイミングがあいません。

でもこの人はたぶんできます。
春の公演は、台本がありません。
役者のタイミングとアドリブの流れだけで、音を入れます。
それをやってのけるアボンボだもの。
大丈夫大丈夫。
どーんとお任せしちゃいます。
たのんだぞ、アボ~。
  1. 2009/09/14(月) 23:09:08|
  2. 綱吉くんメンバー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役者紹介その22/マイケル・ステューバー

マイケルさん


役者紹介の大トリは、もちろんこの方、マイケルさん。

ブロードウェイで、あのコーラスラインや、
タップダンスの最高峰・42ndストリートに
出演してきたダンサーであり、かつ、俳優です。
5年前に日本人の奥様とともに日本へ。
昨年、舞道ダンスシアターを立ち上げました。

マイケルさんの踊りをみると、
魂に触れたような気持ちになります。
そして人生や命について、ふと考えます。
踊るマイケルさんを見ると涙ぐんでしまうので、
稽古で見ないようにしている人すらいる始末。

普段のマイケルさんは、穏やかでシャイな人です。
子供や自然が大好きです。
最も尊敬する人は、ヨガのお師匠さま。
菜食中心だし、修行僧みたいです。

「綱吉くん」は、マイケルさんのダンスを
たっぷり味わえる構成になってます。
マイケルさんが踊るのはもちろん、
振付したダンスも、ユニークで個性豊か。

こんな方とご一緒できるなんて夢みたいです。
夢のような幸せが、お客様にも届きますように。


  1. 2009/08/15(土) 02:49:10|
  2. 綱吉くんメンバー紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ