マイケルさんに会いにいく

マイケルさんとミツルギさん
かっこいいマイケルさんとかっこつけたミツルギさん

ほんまにアメリカ行くんですよ。(予定)

クリスマスの少し前、マイケル・スチューバーさんのダンススタジオへ行きました。
超よび全員でです。
「舞道ダンスシアター」の方々と顔あわせなのです。
マイケルさんと、スタッフさんと、生徒さん。
すごくアットホームに出迎えてくれました。

初対面でお互いモジモジしてしまいましたが、アメリカのお話を聞くにつれ、緊張も和らぎました。
舞道ダンスシアターはキレイな緑の壁で、一面ガラス貼りです。いつもの稽古場となんか違います。

マイケルさんの奥さんが通訳しながら、アメリカ公演の内容を説明してくれました。
その後、ミツルギさんがあらすじを配布。

わああ、本当に行くのかも。やるのかも。
まだ半信半疑な我々。
全ての説明が終わってから、ごはんをごちそうになりました。
最後は、ミュージカル劇団ぽく、集合写真。どうなる超よび!?

カンパニーぽい





スポンサーサイト
  1. 2008/12/25(木) 22:19:00|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋優先クリスマスパーティー

トナカイ雪だるま親父

みなさん、メリークリスマス。
もう、体がボロボロです。はりきって飲み過ぎました。

23日は我が家で「仮装パーティ~」。でもでも、恋優先です。いつでもキャンセルしてかまいません。恋人やハニーのいる人以外のフリーな人達をお誘い。いつのまにやら15名集合。

家族連れや、夫婦や、既婚者や、独り者がゾクゾクと。
誰も恋を優先しないところが凄いです。
耐久7時間、呑んで、食べて、呑みました。
さすが演劇人、本気仮装でした。
みっちーさん(向田倫子/ババロワーズ)の「金にいとめはつけない」という名言しかり。
この人の仮装には男気を感じました。
また一つ、惚れ直しました。

盛り上がったところで主役・日枝美香L登場。
背中にネギしょって現れました。 (鴨ネギです。アサダタイキさんが見たらどんなに喜んだでしょう)
衝撃。頭の良いコスチュームや。
そしてみんなでサプライズで誕生日をお祝いしました。
うれしいな~楽しいな~

みんな、なんて素敵なバカなのかしら。
なんで負けじとかぶりものを試すのかしら。

みなさま、お忙しい中、おつきあいくださりありがとうございました。
冷蔵庫に食べ物がいっぱいあって幸せです。

上の写真は左から、石田1967さん、豊田圭、みっちーさん
下の写真は・・・誰でしょう。

アキコさくらんぼ
  1. 2008/12/25(木) 22:02:22|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘年会

08忘年会男性陣

昨日は超人予備校の忘年会でした。
Aggiでまったり行いました。春にカフェ公演をしたお店ですよ。
お料理がとっても美味しくって落ち着く空間です。シェフのイッペイさんのご好意で楽しい宴になりました。ありがとうございます。

さて、今年お世話になった人々がぞくぞくと集まってくださいました。
なぜか男子チームと女子チームに分かれてました。
男子チームはトリオ天満宮のゲストさん
倉橋里実さん(オリゴ党)、徳永健治さん、アサダタイキさん(The Stone Age)、信平エステベスさん
女子チームは、超よび本公演のゲストさん
うべんさん、ナカタアカネさん(トランスパンダ)

そしてスタッフとしてお世話になっています
山田千佳代さん、佐藤あかねさん(劇研「嘘つき」)

そんで我々、超よび

何回も乾杯です。
ラストにミツルギさんが「フルーツ大コウモリがくる」の総括を読み上げました。
1年を締めくくるというより、忘年会シーズンのスタートダッシュ。

すごく充実した1年でした。集団として、とても楽しい動きができました。
『半分人間』がもう何年も前のように思えます。

たくさんの人たちにご協力していただきました。
みなさん、本当にありがとうございます。

ちょっと早いけど。まだブログも書くけど、
今年もお世話になりました。
来年も超よびを宜しくお願いします。





  1. 2008/12/18(木) 23:04:10|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

揺籃

月曜日、地中海食堂プレシャスで、二人芝居を観ました。
WPリーディング芝居第7弾『揺籃』。

トリオ天満宮『半分人間』主役の村井千恵さんと、
赤犬のクスミヒデオさんがご出演。
構成・演出は、三好淑子さんです。

なんだか、心をえぐられてしまいました。
お話は、普通の女性が経験するよくある話と言えます。
出て行ってしまった恋人、父の人生への思い、
思い切って一歩前へ踏み出すラスト。

役者のうまさなのか、演出の妙なのか。
心の一部を持っていかれて、そのあいた穴から、
普段は蓋をしているいろんなものが出てきてしまった感じです。
その結果、丸一日情緒不安定に過ごしました。

ガツンとくるお芝居にはたまに出会いますが、
これは、効きすぎる薬のようなお芝居でした。
お薬なので、効き方にはかなりの個人差がありそう。
私には強すぎました。
生身の人間が演じるって、時にすごい力を生むんだなぁ・・・。

  1. 2008/12/17(水) 00:51:08|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロケットエチュード

欠陥ロケットさんの自由参加稽古にまぜてもらいました。
公演のない時期に、ゲームやエチュードで基礎体力をつける稽古です。

他劇団の稽古なんて初めてでした。
一口に「エチュード」といっても、中身は様々なのですね。

最後の台詞が決まってて、それに至るストーリーを3分間で作る、
お題を出されてから3秒でひとつの場面の静止画を作る、
5分間でフリーエチュード、など。

超予備でやる喧嘩エチュードも必死ですが、
ロケットさんのエチュードでは、ちゃんとパスを出すこと、
それをしっかりキャッチすること、が難しかったです。
それだけに、きれいに決まると気持ちいい!

普段使わない頭と身体と感性を使いました。
正味3時間ほどでしたが、脳みそに汗かきました。
脇にも変な汗かきました。もうぐったりです。

でも、心地よい疲れです。やっぱりお芝居は楽しいなー。
ロケットさん、ありがとうございました。
  1. 2008/12/14(日) 23:56:16|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『悪女について』

たまには読書感想文を。

『悪女について』有吉佐和子著。

ある女性の生涯を小説にしようとしている聞き手に対して、
27人の人物が語ります。

主人公は、虚飾の女王と呼ばれ、謎の死を遂げた実業家。
とんでもない嘘つき女のようです。
とりあえず男は騙し放題です。
しかし、現実と理想のあまりのギャップに、
自分を騙し続けた女性にも見えます。
彼女自身は一言も語らず、真相は謎のまま。

これが現実の人間関係そのままのようで面白かったです。
あの人はああだこうだと、いろいろ言っても聞いても、
ホントのところは誰にも解らないもの。

この小説はミステリー仕立てになっています。
ただ今、答え合わせしつつ、年表作りつつ、再読中。
インタビュアーの台詞はなく、27人の独白が続くので、
一人芝居を何本も観ているような気分にもなります。

ストーリーラインは愛憎まみれ欲望まみれ。
このどろどろっぷりがたまらなく好きです。
圧倒的に女性に受けそうな小説でした。
  1. 2008/12/13(土) 00:04:59|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非・おしゃれ

おひさしぶりです。
仕事やら、寒さやらで、更新を怠っておりました。すみません。
やっとこさ、年末の準備にとりかかれそうです。
今日は、年賀状を作りました。
自分の住所を間違えました。そのまま出してやります。

散髪もしました。近所の美容院は土日にしか行けないので、職場の近所で。
なんとカット1800円ですよ。
私は、おしゃれな美容院がすごく苦手です。おしゃれな店員さんに話しかけられて、その上、トリートメントの宣伝とかされたら、逃げたくなります。たいがいおしゃれな所に限って高いです。
私の愛用は、オバチャンが一人でやってる小さな美容室です。
今日のところも、ほどよく「非・おしゃれ」でした。店員さんは茶髪ですが、寡黙でした。よし合格。入ってるお客さんが、サラリーマンとか、おばちゃんだったら正解です。腕がよくって、早くって、安いはず。

憧れていることがあります。
理髪店で「お顔そり」をやってみたいのです。
友人は、女子ですが、理髪店で散髪します。火野勝平にそっくりな店主が剃ってくれるそうです。興奮して怪我しそうだ。

ブドウON THE美香L

写真は日枝美香L。あなたほどブドウが似合う女はいない。
  1. 2008/12/12(金) 23:39:19|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好亜転飴+焼肉食放題+歌朝迄=爆睡!

200812092136000.jpg
さっき起きて。
風呂入って。
米研いで。
今です。

ということで。
ババロワーズ第16回公演
「ライク・ア・ローリング・キャンディ」
千秋楽。
観てきました。

話は大きく分けて。
2つのパ~トに分かれてて。
まさにタイトル通り。
様々な人生の転がり方を観られる。
2時間でした。

まぁとにかく。
全員が濃い濃い。

売れっ子のホスト。
ブ~ビ~のホスト。
とにかくギリギリのグラビアモデル。
戦争妄想のあるキャメラマン。
絶対に脱がないAV女優。
自殺したがる人々。
ハ~フでカタコトのストリッパ~。
幽体離脱する占い師。
大事な所を切除したバ~のママ。
幼馴染を探してるボ~リング部員。
等など・・・。

この配役で。
どんな演劇ができるか。
想像できませんよ普通!

でもそこが。
『ババロワーズ』だから。
という解答で。
オ~ルOKですわ。

それだけ。
凄いのと同時に。
キ○ガイということですわ。

あ。
もちろん。
褒め言葉ですよ!


んで終演後。
バラシ。(片付けの事)
をお手伝い。

そんでもって。
日付も変わるぐらいに。

打ち上げ開始ですよ!
焼肉食べ放題ですよ。
皆喋るのそっちのけで。
肉食べまくりですよ!

でもそんな時何故か。
ワタクシは。
座ったテ~ブルの面々と
恋愛の話してました。
何打ち上げでそんな話をしているのかと。

多分疲れてたんですよ。
多分。



気がつけば時間は。
草木も眠る丑三つ時。
解散と思いきや。

そのままオ~ルカラオケ。
延長戦です!

何というバイタリティなのでしょう。
まさに脱帽ですよ。
歌いまくり踊りまくりで。

終わったのが。
朝6時。



今度こそ解散でしたが。
ワタクシは。
出演者の森岩宏文
(モ~リ~)
と。

何故かマクドで。
他愛も無い演劇の会話をして。
サラリ~マンの出勤時間に。
帰宅しました。

やっぱ年は取ってますわ。
以前は帰ってきても。
そのまま仕事とか行けましたけど。

風呂入ったら。
体が重くなって。
布団に入りつつ。
PCいじってたら。
背伸びしたまま落ちてました・・・。



確実に肉体は。
ボロボロですわ~。

あ。
ココロもですよ・・・。
恋愛は難しいっすね。
勉強になりました。
んでは。

写真はいただいた大入り袋と。

焼肉屋でベロベロになったのに。
カラオケ屋に入った途端覚醒する。
This is アサダタイキ!(The Stone Age)

200812090514000.jpg
  1. 2008/12/09(火) 22:04:13|
  2. 豊田圭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーマン

羞恥心

いや~のぶりん(川村伸彦さん)は本当につるのたけしに似てるな~
ババロワーズさん、いまごろ打ち上がってるかな?
ああ、ずっと劇場にいたかったわ~。哀しき月曜です。

昨日はサクっと軽く打ち上げしました。
ほんまに楽しい現場でした。

「最優秀賞」は宇仁菅さんでしたが、男子では、さかいしんごさんがとっても素敵でした。この方もいわゆるカメレオン俳優です。今回も誰だかわかりませんでした。さかいさんはアトラスの主宰さんでもあります。脚本はアサダタイキさん。この「ロリキャン」にも出演中のメガネさんです。こないだの夏にはトリオ天満宮でネズミ男をしてくれました。アトラスのお芝居、衝撃を受けますよ。優しさと面白さのハーモニーが素晴らしいのです。

軽打ち上げの後、こっそりカラオケしました。
欠陥ロケットのもりたみえさんと、超よびの、美香L、とよぴー(豊田圭)で。
へっへっへ。盛り上がりました。

渚のシンドバット、勝手にシンドバット、勝手にしやがれ、TOKIO、時をかける少女、セーラー服と機関銃、セーラー服を脱がさないで・・・と連想バトルでした。80年代、素晴らしい時代だわ。

最後は「パーマン」でしめました。
ババロワーズさんの打ち上げもパーマンらしいので、先に歌っておきました。
皆さん、おつかれさまでした。

写真左から、さかいしんごさん、川村伸彦さん、森岩宏文さん



  1. 2008/12/08(月) 22:50:34|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライク・ア・ローリング・キャンディ中日

ロリキャン休憩時

ババロワーズさんの「ライク・ア・ローリング・キャンディ」にお手伝い中です。

うちの三月と尾松とアボンボは平日に。
美香Lとあまぞん(中川)は土日に。

お昼の回を拝見しました。
いつもながらのポップでテンポの良いお芝居です。
皆さん、広い舞台を所狭しと走り回っています。主宰の高瀬さんが意外に活躍。
これは見てのお楽しみに。

ババロワーズさんは、全員が主役をはれるほど、一人一人の実力があります。

私個人的には宇仁菅綾さんが「最優秀賞」でした。
毎回全く別人になりきるので、すごく見ていて楽しい役者さんです。本人のキャラクターを存分に活かして輝く人ももちろん素敵です。でも宇仁菅さんは大竹しのぶや菅野美穂てきな「巫女女優」なのです。なんていうか・・・この人って同じ人?みたいにコロコロ変わるのです。そういうのって憧れます。

写真は奥からババロワーズ主宰・高瀬和彦さん
メガネの アサダタイキさん(The Stone Age)
まかないがめっちゃ美味しい 長滝安希さん

明日はチケット完売!さすが!
終演後にお楽しみイベントもあるようです。
まだ月曜日はお席に余裕がございます。
まだ見てない方はぜひ、in→dependent theatre2ndへ!

  1. 2008/12/07(日) 00:44:32|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロリキャン観ました!

ババロワーズ第16回公演
『ライク・ア・ローリング・キャンディ』
お手伝いに行き、早速みせてもらいました!

エロスエロスタナトスポップエロスタナトス
タナトスエロスお洒落タナトスエロスエロス
エロスキュートタナトスエロスイケメンタナトス
といった具合にぐるぐるするお話。

今まで観たことのない役柄の役者さんも多く、刺激的でした。
『ウハウハ』が私的ババロワ史上最高傑作なのですが、
これは甲乙つけがたいかも。もう一回みたいなー。

藤原タケシ

藤原タケシさんが勧めるので写真をとりました。
いつもながら舞台もお洒落!

ロリキャンTシャツ

Tシャツもお洒落!これはターコイズ、
その他ネイビーと珍しいラグラン袖タイプがあります。
エコバッグも台本もあめちゃんもありますよ。
月曜までジャングル2ndでやってます。
お小遣いにぎりしめて、劇場へGO!

  1. 2008/12/05(金) 23:51:14|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働く役者

雲州堂の超女子

こんばんは~。
いやぁ、追い込みですね。年末を迎えるために、モリモリ働いています。
みんなも頑張れ。

みなさんは忘年会しましたか。私はしました。(職場ですが)
しゃっぶしゃぶでした。
それはいいけど、しめが「きしめんと餅」でした。さらに白飯。そないに炭水化物で攻めなくても。
参加費分、食べようと思って無理をしました。今日はしんどいです。

ああ、やっと明日で終わりです。
ようこそ土曜日。さよなら金曜。
そしたら、ババロワーズさんの座組でウホウホできます。早くあさってにならないかな~。


嘘つきさんの公演で、超女子が集合した写真。
左から三月・日枝美香L・山田千佳代さん(いつもお世話になっている受付のお姉さん)・尾松由紀・アボンボ。



  1. 2008/12/04(木) 23:28:16|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマイル0円

一昨日の晩の「夜空にスマイルマーク」見ましたか?
夕方の西の空に、うすっぺらい月と、宵の明星と、木星。
ちょっと縦長のスマイルマークになっていました。

写真はさすがに携帯では撮れず。
ちゃんと撮ろうと思ったら、なんだっけ、あれ。
シャッターを開けっ放しにする道具を使って、
いいカメラでいいフィルムでないと。

うちに似たものがありました。これ!

ピース

ババロワーズTシャツ、略してババT。
最新作「ライク・ア・ローリング・キャンディ」は明日から!
超予備女子部も乏しい愛想を売ってウロウロします。
今度のTシャツは、どんなかなー?
  1. 2008/12/03(水) 21:51:04|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇研「嘘つき」劇団員増えた記念公演

なんじゃ、こりゃ。こんな公演名だったとは・・・
昨日は劇研「嘘つき」さんのお芝居を見てきました。

いつも受付スタッフとして、とってもお世話になっている、さとうあかねさんが所属しておられます。今回は、森田三絵さんが新しく入団されたので、記念公演です。森田さんにも、超よびはめちゃくちゃお世話になっております。嘘つきさんのガッツリ芝居を見たのは初めてです。というか、ここ数年は公演されてなかったのです。

劇研「嘘つき」劇団員増えた記念公演
タイトル:『コスモス行進曲』
 作・演出  伊藤昌弥
 出演    森田三絵 さとうあかね 屋敷和義 ハラダマサミ
場所:雲州堂

屋敷さんは、トリオ天満宮にも一昨年・去年と出てくれました。
佐藤あかねさんは・・・・5年前くらい前に出てくれました。

お芝居は家族のおはなし。派手な姉ちゃんと地味な妹の確執です。

森田さんのぶっきらぼうな口調がとてもリアルでした。いる、いる、こんな人。上が自由すぎて、親の言う通りに育ってしまった人。

屋敷さんは「ズルイ男」でした。誰にでも優しいので、つい誤解してしまう男です。卑怯でした。

さとうあかねさんは、きれいでした。
でも、終演後には、〆切り前の漫画家ルックに戻ってました。みんなから「残念女優」という称号をもらいました。

ハラダさんは主宰さんです。作・演出です。
いつも思うけど、どらえもんの声の人にソックリです(初代)

コスモスのセットに囲まれた、優しいお芝居でした。
いじっぱりな姉妹だったけど、最後にはホッコリできました。
おつかれさまでした。

嘘つきの皆さん

左から、さとうあかねさん、森田三絵さん、ハラダマサミさん、 屋敷和義さん
  1. 2008/12/01(月) 23:50:06|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4