踊らない奴らを見る、ラストチャンス

マウし稽古場

こんにちは。
ミュージカル劇団・超人予備校です。
違います。ダンスやってみたら、ハマってしまった劇団・超人予備校です。

4月26日のラボライヴ「マウし」に向けて、稽古してます。
今年もウンウンとうなっています。
自宅稽古では、主に一人芝居を。役者が悩みながら制作。
稽古場では、集団エチュードを。
去年より面白くなればええな~と思いながら作り上げます。

ほとんど台本がないので、頭を使います。
ミュージカルの稽古では爽やかな汗をかき、
こちらでは、いやな冷や汗をかきます。
ありとあらゆる汗をかきます。
ちなみにアメリカでは、どんな汗をかけるのか、楽しみです。

2009年、踊らない超よびを見る最後のチャンス。
「マウし」へのご来場、お待ちしております。

(踊らないとは限らないけれど・・・)

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 15:24:53|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇団ガンダム

噂のあの劇団 劇団ガンダム改め「劇団逆襲のシャア」が4月にあります。
私こと上別府 学は芝居部門「スターウォーズ~逆襲の帝国」に出演します。
皆様の想像通りのお話かそれとも・・・・・・・。乞うご期待。
そして私の親友の木馬亭ハロさんがまたまた懲りずに「ガンダム小噺」をします。
この間ハロさんと飲みに行ったときに「逆襲のシャア」バージョンの小噺ネタが出来たと聞きました。
どんなネタかは教えてくれなかったのです。木馬亭一門としては言えなかったのでしょうか。
当日楽しみにしようと思います。

さてその噂の劇団 劇団ガンダム改め「劇団逆襲のシャア」の公演日時をお知らせします。

2009年
4月4日(土) 19:00 土曜日は夜のみ
4月5日(日) 13:00 日曜日は昼と夜あります
         17:00
計3回公演

会場 in→dependent theatre 2nd

入場料 2000円

演目 
「ル・ガンダム」
ウォーリー木下(sunday)作・演出

「めぐり愛・宇宙へ」
前西和成(パノラマ党)作・演出

「スターウォーズ~逆襲の帝国~」
林慎一郎(極東退屈道場)作

木馬亭ハロ 「ガンダム小噺」

野村しょーけん「ガンダムやねんマン」

and more・・・・・

皆様、お時間があればよろしくお願いします。




  1. 2009/03/25(水) 21:45:22|
  2. 上別府学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京サンシャインボーイズ

自慢、しまーす。

三連休の最終日、母と連れ立ち東京へ。
『さよならシアタートップス最後の文化祭』
東京サンシャインボーイズ『returns』を観てきました。

東京サンシャインボーイズが常小屋にしていた
新宿のシアタートップスが閉館になるとのことで、
あと15年の沈黙を守り続けるはずの劇団がまさかの再結成。
東京サンシャインボーイズの面々が演ずる三谷幸喜さんの新作を、
150席の小劇場で観られるという奇跡の舞台でした。

全12回公演です。
ということは全部で1800枚の超プレミアチケットです。
当たっちゃいましたよ。しかも最前列ですよ。
しばらくかなり悪いことが続いた私ですが、
ラッキーのほうもスケールがでかいなぁ~。
夢みたいで、友達や超予備のメンバーにも内緒で行きました。
口に出したら消えてしまいそうな気がして。

内容はネタバレ防止のため割愛しますが・・・
面白いのは言うまでもありません。
やっぱりお芝居は、役者の肉声が届く劇場で観るのがいいなー、
と改めて思いました。
観ているこちらも、この場を作っていると思える一体感。
たたみかける笑いが劇場に充満してました。
熱というかオーラというか、なんだか目に見えないものが、
劇場のすみずみまで行き渡ってました。

カーテンコールが、とても素敵でした。
なんのことはない、普通のカーテンコールです。
真ん中あたりに小林さんと西村さんと相島さんが並んで、
「お前言えよ」みたいな譲り合い(押し付け合い?)があって。
みなさんダンディーなお年なのに、シャイな青年のようでした。
昔の仲間が集まると、当時に戻るのと同じかなぁ。

何年間か夢中になってお芝居を作っていた仲間が再び集まって、
またお芝居をするなんて、それだけで涙腺が緩みます。
そこへもって、他界された伊藤俊人さんも出演されました。
年をとると失うものも多いけど、時間がつもるというのは、
なかなか味わい深くて悪くないものなんでしょう。
そんなことまで考えた、サンシャインボーイズでした。

トップス


  1. 2009/03/25(水) 01:28:01|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綱吉くん仮チラシ・対談

仮チラシ

「踊る綱吉くん」の仮チラシができました。
いつもは簡易コピーですが、今回はツルツルの紙!ちょっぴり高級感です。
3年前の「迷い犬のサクマさん」のキャラクター、サクマさんが再登場。
束帯姿で、歌舞伎絵のポーズ。マイケルさんとミツルギさんのアイディアを混ぜたら、こんなんになりました。

対談

マイケルさんとの対談新聞もできました。
これも毎年、コピー用紙。折るときに手が真っ黒になります。
が、こちらも素敵なツルっと紙。
対談には、立ち会ったのですが、文字になると、二人の考えがよくわかります。
「なんで超よびがアメリカでミュージカル?」という謎が解けます。

以上2つは、4/26(日)のラボライヴにてご覧頂けます。
今回のラボライヴは1回25様限定。
すでにご予約の方がチラホラいらっしゃいます。
皆様、お早めにご予約くださいませ。
  1. 2009/03/17(火) 22:56:22|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イーオンの先生の送別会&新先生の歓迎会

3月14日の晩に現在英会話に通っている「イーオンの先生の送別会&新先生の歓迎会」に行ってきました。芝居の世界とは別の意味ですごかったです。また別世界です。
参加したのはイーオンの先生とその生徒、老若男女総勢約30人です。
そして日本人どうしは当然日本語で話します。当然です。
そして外国の先生と話すときは英語です。当然です。
普通に英語が飛び交っていてそれでいて楽しい空気が漂っているのです。
2つ3つ余興があり感動のフィナーレでした、と言いたいのですが涙はありません。
明るいのです。とにかく明るいしサバサバしているのです。こんな別れもありだと思います。
一次会も終わり11人が残り二次会のカラオケに行きました。
さすが英会話イーオンです。一曲目はAbaの曲(ミュージカルで有名な曲、多分ダンシングなんとかってタイトルだと思う)でした。ジャクソン5(ファイブ)とかとにかく英語の曲が7割でした。
他はラルクアンシエル、グレイ、ゆずなどなど。僕も負けじとスティービーワンダーの「迷信」に挑戦。
歌うのは初めてですが何度も聴いている曲なのでなんとかなるだろうと思いTRYしました。途中グダグダになりましたが歌い切りました。外国の先生が乗っていたので有名なんだろうと思って安心しました。
今回のようなカラオケは初めてですごい楽しかったです。
こういうのを通して先生と生徒のつながりが深まるんだなあと思い帰りました。
またこういう機会があれば是非参加したいなあ。


  1. 2009/03/15(日) 01:11:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏兵コードの感想

こんばんは。お久しぶりです。あまぞんです。

伏兵コードの感想です。
役者さんはどの方も、素晴らしく、自分の役をこれでもかとやりきってたと思います。
ミツルギさんは、あの特有のしゃべり方が凄く活かされていました。本気で気持ち悪かったもの。私には、宮川サキさんと石原正一さんの駄目っぷりが魅力的でした。

作品的には、すごく嫌いです。
お金と貴重な時間をさいて、劇場にきたのに・・・・と後悔しました。暗い作品でも、心に響くものはあります。けれど、家族で殺し合うという事件が実際にある世の中。わざわざ、そこの所を見せてどうするのか・・・
超よびの作品を観て、「最低だ、金かえせ」という感想をもつお客様もいます。演劇は主観だから仕方ないと思います。でも私は、お客様のことを考えて作品を見せたい。やりきって、言われたら、もう仕方がありません。
ただの自己満足芝居は観ていて不快なのです。
だからこの「誰も寝てはならぬ!」は好きにはなれませんでした。作家さんが、言いたいこと、お客様に見せたいことが、これなのでしょう。そういう作品もあるのだな、という感じです。

本当に大事な人を失った人は、最後に救いを作るのではないでしょうか?
作家さんは、本当に大切な人を失ってしまったことがあるのでしょうか?
人の死って、あんなのじゃない気がします。
そして、家族って、あんな単純じゃない気がします。

あくまで私の個人的な意見です。
あれだけ三の線が得意な役者達なのに、なにか勿体ない気がしました。
最高のコメディが作れる面子です。
次回はぜひ、たとえ暗くても笑いを入れてほしいと思います。

  1. 2009/03/14(土) 22:28:29|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まだ寝てません。

忘れていたわけでは無いのです。
でも。
このタイミングで書きます。

という事で。
ウチの座長ミツルギさんが出てた。

伏兵コードvol.3
「誰も寝てはならぬ!」
観てきました。

感想というか。
ワイは基本的に。
オモロイかオモロクナイかで観るんで。
そんなに語れませんが。
ワイはオモロかったです。

んで。
観てた時。
隣にウチの劇団の山名さんが。
『とよぴ~笑い過ぎ』
って言われまして。

どうやら終始。
顔はニヤついてたみたいです。

何て言うか。
簡単なネジの様なものが一つ取れただけで。
こんなに混沌として活けるのが。
逆に気持ち良かったです。

それも。
十分な経験のある役者陣だからこそともいえますが。

あら。
上から目線っぽいですね。

ミツルギさんの狂いっぷりも良かったけど。
ワイは石原正一さんがお気に入りでした。

絶対に這い上がれない。
どんよりとした雰囲気。

たまりませんでしたよ。

200903072052001.jpg
  1. 2009/03/12(木) 05:05:41|
  2. 豊田圭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

誰も寝てはならぬ!

伏兵コード『誰も寝てはならぬ!』を土曜の昼に観劇しました。
ミツルギさんお疲れさまでした。
体力的にも精神的にも大変そうなお芝居でした。
劇団員はダイアリーに感想を…ということなので、書きます。

私は、正直言って受け付けませんでした。
心にひっかかることがありませんでした。
偽善の反対、偽悪的というか、ワルぶってるような。
人間、こんなに単純じゃないだろう、と思うのです。

残虐性や利己的さや欲深さを露わにした姉に、
弟が「人間らしくなった」という台詞がありました。
私は、そういうものとなんとか折り合いをつけて生きている、
前半の姉のほうが、よっぽど人間らしいと思います。
ここらへんで作家さんと人間観が違いすぎて、
ひっかからなかったのでしょう。

役者さんは期待通りの凄さでした。
ミツルギさんの狂った演技も怖かったし。
ほんとに、みなさん振り切ってるなー、と思いました。
だから余計に、かもしれません。
世界観をクリアに見せられる役者陣だからこそ、
私のリアリティーとは違うということが、
よくわかったのかもしれません。

終演後には、人間こんなもんじゃねえよ!と
頭に血を昇らせてアンケートを書いたものですから、
漢字を間違えました、たぶん。説得力ないなー。
でも、頭に血が昇るあたり、きっちり心にひっかかってるのか?
実は作家さんの思うつぼ、でしょうかね。

  1. 2009/03/10(火) 00:22:24|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

盛大な同窓会

本日8日ミツルギさんの伏兵コードのお芝居を観てきました。本当ならば金曜か土曜に行きたかったのですが7日、他の大きなイベントがあったのです。
それは同窓会、しかも母校 茨木東高校の1期生から30期生までの卒業生が集うこの同窓会。
7日総勢800人会場に集まったようです。気になったのは我が10期生の誰が来ているのか?この1点です。1人の友人と共に行ったのですがその友人と他の人とうろうろ探しているうちに10期生がかたまっているエリアを発見。全部で20人近くいました。その中に同じクラスの人、顔見知り、近所でよく遊んだ人も半数近くいました。また10期生つながりで初めて話した人様々でした。
気になることがひとつあります。僕が知らない人が僕を知っているのです。しかも「上別府学」をフルネームで覚えているのです。なぜでしょう?不思議です。当時目立たないようにおとなしくしていたのに。
そしてゲームで音楽商品券3000円分があたったのでした。3500円の会費が500円で済みました。
けっこうこのような会で大当たりはないのですがちょっとしたあたりがよく当たるのです。これも不思議です。
20年後に会った人々、はっきりいって当時と変わっていませんでした。女性の方々は当時より綺麗になっていました。男性も肉つきが少しついているくらいで相変わらずでした。
二次会にも参加し地元茨木の飲み屋でAM2時まで飲んで帰りました。
最後の1時間は眠たくてほとんど死んでましたが楽しい同窓会でした。


  1. 2009/03/08(日) 19:48:07|
  2. 上別府学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAPPY BIRTHDAY !!

昨日は「舞道ダンスシアター」オープン一周年、1歳のバースデーでした。
ということで、バレエのレッスン後に、記念の最中を頂きました。

梅の花の中に、白い餡が入っています。
材料は豆だと思うのですが、丁寧に丁寧に裏ごしされていて、
マイケルさんと繁子さんがお気に入りのお店だというのに納得です。
とても美味しく頂きました。

そして、生徒ひとりひとりに名前入りのメッセージカード。
超予備からは尾松、三月、私が参加していましたが、全員感激。
こういうことを、さらっとできる大人になりたい!と盛り上がりました。
もう結構な大人ですけどね。

ここでダンスを教えていただいて、はや二ヶ月近くになります。
スタジオに来ると、自然と気持ちが明るくなります。
きっと、教えていただいているのは、ダンスだけではないんだなぁ。


最中


  1. 2009/03/04(水) 22:57:37|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏兵コード

 ミツルギさんが客演する伏兵コードの公演がいよいよ今週末と迫りました!!
 
 いつもは私個人としては観劇するだけの関係ですが、今回は関わり方が少し違います。
なんと伏兵コードのちらしに、私が登場しているのです!!
っと言っても、関係者以外、誰もその事に気付く事はありません。
何故なら、私は袋男だからです。(ちらし写真の紙袋を被った男が私。)
これは顔出しNGって事ではなく、この作品でのこの男の役割としてこうなっているのです。
多分・・・。(なにぶんストーリーは知らないので・・・)
ご観劇頂ければわかります。私も観劇して意味を知るでしょう。

伏兵コード

 この撮影に際し、私がどれ程緊張したかお分かりでしょうか?
もう汗たらたらです。(決して袋を被り続けていたせいだけではありません。)
何しろ周りは、関西小劇場界のスター達ですよ。
年齢的には、私がちょうど中間に位置しますが、キャリアでは雲泥の差。
それ以前にスター性が凄い!! もう後光がさしてましたよ。(ま、眩しい!!!)
一人でも凄いのに、それが団体で登場ですから、もう戦隊ヒーローに挑む
怪人状態でした。(あれって卑怯ですよね。)

 でも更に凄い事は、彼らには気取りも厭味もないって事です。
すっごい気さくな感じで接してくれます。このペーペーの私にですよ。
そこら辺もファンを惹きつける魅力なんでしょうねぇ。

 そんな人たちの出演するお芝居が面白くない訳がない。
(決してヨイショじゃないですよ。)
きっと凄い舞台に違いないです。もう今から楽しみです。
皆さんも是非是非、ご覧下さい

 伏兵コードVol.3 『誰も寝てはならぬ!』
 日時:2009/3/6(金)-8(日)
 場所:in→dependenttheatre 1st
 料金:前売¥3000、当日¥3300
 出演:赤星マサノリ/石原正一/宮川サキ
     魔人ハンターミツルギ/稲田真理


(詳細は、伏兵コードさんのブログ参照下さい。【 http://blog.livedoor.jp/fukuhei1/
超人予備校HPのトップ画面にも掲載してます。) 
  1. 2009/03/02(月) 13:47:41|
  2. 山名伸右
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0