徳川綱吉さんのお墓参り

鬼太郎バス

ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~。
鬼太郎って妖怪なのにハッピーですね、あまぞんです。

舞道ダンスシアターの合田さん(制作スタッフ)が、
徳川綱吉のお墓参りをしてくれました。

東京の鶯谷にあるお寺です。不思議なことに、徳川家の墓は、奇数将軍と偶数将軍で墓の場所が分かれているそうです。だから二代、四代、六代は別のところにあります。
不思議ですね~

将軍の身長と、墓の高さは同じなんだそうです。
綱吉の身長は120cmほど。
当時の大柄な人で165cmほど。
それにしても、小柄な人だったようです。

また、綱吉の死も謎だらけです。
生類憐れみの令の詳しい文献も少ない。

これは、なにかある!とミツルギさんはかぎつけました。
没300年にあたる今年、綱吉さんが私たちに声をかけたのかも。
あの世で笑ってもらえるように頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 23:22:37|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

似た者兄弟

似た者同士

稽古前に打ち合わせするマイケルさんとミツルギさん。
カメラに気づいてないのに、このユニゾン。「気持ち悪い」です(by佐藤あかねさん:談)
ミツルギさんは英語ができるわけではありません。
だから「マイケルさん、ここはカットインしたらデッドヒートしてからフェードアウトです」と説明します。ルー大柴みたいです。

山名さん寒さ対策

ホームページ職人の山名さん。今回もカラフルなページを作ってくれました。
お疲れさまです。カフェ公演の本番前。大阪にも座敷わらしが健在。
マック

わたくしごとで恐縮ですが・・・Mac買いました。

プリンタを買ったけど、マックが古くて接続できなかったんです。パソコンって、どんどんバージョンアップしていくから一つ買ったら、全部パアなんですね~。電気屋は儲かるハズだわ。古いマックから新しいマックへ。ソフトやデータの移し替えって大変そう。と思ってたのに簡単でした。「ファイヤーワイヤー」というケーブル1本で解決。わずか10分でネットもソフトもオールイン!すばらしいわ~。

マックユーザーって、マシンに名前をつけるそうです。
そんなわけで募集します。どーでもいいことなので、なるべくどーでもいい名前を考えてください。

そう言えばまだプリンタと接続してません。つながるのかな。





  1. 2009/05/31(日) 00:30:58|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう年かな

風邪でダウンしてしまいました。年かなーと思いました。
もう今年で37歳になるのです。もう無理はできないのかなーと思うこの頃(寝込んだここ2日だけ)です。
今年に入ってから無理したなーと思います。
①5月24日のFP(ファイナンシャルプランナー)の試験に向けての勉強
②カフェ公演&「踊る綱吉くん」の舞台・ダンス稽古
③会社のISO継続のための残業(平日日常業務後に晩9時前までやる)
④週1回の英会話レッスン

①昨年からテキストを読み5月から過去問題を解いて臨んだ結果、(試験は学科と実技がある)学科は何とかクリア、実技は残念ながら落ちました。9月に向けて再勉強です。が2度目なので9月は今からゆっくりと勉強すれば大丈夫だと思います。次の仕事でこの資格があれば有利なのでぜひ取っておきたい資格です。それに一緒に働く人たちもこの資格を持っているので。
②これはもうライフワークみたいな必要不可欠なものです。
③これはもうイヤでイヤでたまらないですね。これさえなければ風邪はひいてないと言っても過言ではないですね。芝居の稽古もダンスのレッスンも行けず、もう最悪です。とにかくISOを早く終わらせたいです。心おきなく舞台稽古に向かいたいです。
④これは次の会社に行くに当たって必要不可欠なものです。世界に股にかけるので英会話が必要になってくるからです。自分に投資ってやつです。今年1月早々からスタートして目標はいろいろあるのですが<マイケルさんと話せること><10月アメリカ行ったときに役立つため>そして最終目標は<海外での仕事に役立てる><海外で住むかもしれないので日本にいるうちにできるだけ英会話をマスターする>です。

FPの試験は楽になったのでISOさえ終わればもう大丈夫!!
そうそう睡眠はとったほうがいいですよ。そう言えばあまり寝てませんでした。
明日は土曜日出勤です。朝から晩までISOをやるそうです。
早くISOを終わらせて稽古に向かうぞ!!

  1. 2009/05/29(金) 22:57:09|
  2. 上別府学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綱吉くん宴会

宴会男子

日曜日は、綱吉くんメンバーで呑み会でした。
超よび行きつけの寿司居酒屋にて。

はじめは緊張していたけれど、『流石鉄平のダンスウエア』の話題になり、大盛り上がり。
流石鉄平はスパッツのつもりでダイエーで黒タイツを購入。
開けてみたら、パッチなのでした。
パッチとは、ズボン下のことです。ですから下着であり、用を足しやすい構造になっています。
でも「あんた、それはパッチじゃないの?」とマジマジと観察もできないし・・・
ということを全員が気になっていた始末。
マイケルさん家では、食卓の話題にものぼったとか。
さすが、流石鉄平。
パッチは国境を越える。

結局男子と女子に分かれてわきあいあいと呑んだのでした。
超よびは普段、男子/女子で分かれますが、ここに違うゲストさんが混じっても同じこと。
基本は小学生なのです。女子に囲まれていたマイケルさんが、男子チームに席がえした途端、イキイキと喋りだしました。ああ・・・この人も流れているのか。人見知りの血は。

最後は、各々、何色のパッチで踊るか決めていました。
それは衣装隊長(尾松)が許さないと思います。
  1. 2009/05/26(火) 22:51:47|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際協力

チケットが刷り上りました。
例年通り、ひとり夜なべをしてハンコを押した私です。

ちょっと足りなかったので、土曜日の稽古場でも押しました。
ダンサーのジャックさんが「手伝いましょうか」と。
おお紳士!さすがは本場仕込のレディーファースト!

しかしながら、ハンコはひとつ。
だから一人でやりますよー。とお断りしました。
するとジャックさんから素晴らしい提案が。

現状:ハンコを押す→乾かすために並べる。
提案:並べる→ハンコを押す。
こうすればみんなでできますよ、と。

やってもらいました。すごい!速い!楽チン!
5年やってて気がつかなかったー。
この功績を讃え、ジャックシステムと命名し、
超予備の末代まで語り継ごうと思います。

ジャックシステム

  1. 2009/05/25(月) 23:11:22|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミツルギマジック

お久しぶりです。
『綱吉くん』のお稽古は、サクサクとすすんでいます。
今日は、舞道ダンスシアターの皆さんとバーベキューのはずでした。
雨で変更・室内で宴会です。まあ、それもよし。交流を深めます。

舞道ダンスシアターでは、主にダンスと段取りを。
いつもの稽古場では、お芝居を。
ダンサーさんも演技に挑戦中です。
最初は、緊張していた人も、どんどんキャラクターが出来上がっていきます。
ミツルギさんが魔法をかけてゆくのです。それは見事に。
少し声や顔を変えるだけで、照れが薄れるのです。
ふだん言えないような台詞も、スムーズに言えたりします。演劇の不思議。
私たちも、こうしてミツルギマジックにかけられたんだな~と気付きました。

今回は、いつものトリオ天満宮でもなく、超よび本公演でもない。
新しいことばかりに挑戦していますが。
1シーン、1シーンを作り上げていく過程が、とても面白いです。
正解はないけど、当たり!はあると思います。
みんなでヒットをいっぱい打てたらいいな~。



  1. 2009/05/24(日) 17:27:48|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんちゃら昆虫記

「この役はみかちゃんにしかできないから!!」
と長滝安希ちゃんから熱いオファーを受け、
撮影に参加させてもらいました。

The Stone Age のアサダタイキ氏作演出、
ババロワーズの精鋭たちが出演する、
『なんちゃら昆虫記』です。ブログはこちら

アホらしいコントが揃ってるそうですよー。
私の役は、肉食系セレブといったところ。
昼間っから濃厚メイクに被り物で、
小一時間ほど近所の川べりで撮影しました。
実際に使われる映像は10秒くらいかな?
どんなオモシロ映像に仕上がるのか、楽しみ!

超予備の外に出るなんて、初めてです。
といっても、思いっきり超予備のキャラですが。
観に行かれる方、「ああこれかー」と納得してください。


■はやにえ 「なんちゃら昆虫記」

【出演】藤原タケシ、長滝安希、宮脇玲香、高橋恵美子(ババロワーズ)
【脚本・演出】アサダタイキ(The Stone Age)
【日時】6月13日(土)14時-/17時-/20時-
【会場】中崎町common cafe
【料金】1500円(1ドリンク付)
【予約問合】hayanie882a@yahoo.co.jp

はやにえ

↑イメージ画像。


  1. 2009/05/24(日) 00:42:21|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルペンズ vs 突劇金魚

30分の短編をブルペンズと対戦劇団が交互に上演するシリーズです。
今回のテーマは「嘘」。
ブルペンズは『エイプリル・ゲーム』
突劇金魚は『犬キックサンド』
ブルペンズと突劇金魚、いろんな意味で対照的でした。

ブルペンズは、「嘘」の種明かしをしてくれます。
登場人物も役割分担がはっきりしていています。
手に汗にぎるところはにぎるし、笑いどころもわかりやすいし。
サービス精神にあふれていました。
お洒落な火曜サスペンスって感じ。良い意味で、ですよ。

対する突劇金魚は、何が嘘で何が本当だか分からなくなる展開。
登場人物は曲者ばかり。もう、気になって仕方ありません。
気になる言葉や表情や仕草で、観る側の想像が膨らみます。
なにか怖いものを見た、という印象が残りました。
なにが怖いのか?人間かな、女かな。

ブルペンズの公演システムでは、入場のタイミングによって、
どちらから観るかが変わります。
私は突劇金魚が先でした。先でよかったと思います。
ガトーショコラとシャーベットだったら、ガトーショコラが先でしょう。
どっちもおいしいけど、食べる順番はあるよなー、という。

そうそう、ブルペンズの方には、我らが○○ねえさんが声のご出演。
くふふ~。めーっちゃかわいい!
ハタチの役だから、と演出のダイゴさんに百万回言われたそうですよ。
  1. 2009/05/20(水) 00:54:32|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミツルギイズム

5/17

雨ふる日曜日、舞道ダンスシアターで稽古です。
今日は、基礎からしっかりとやりました。
いつもの超よびゲームや、発声法、顔運動、などなど。
遊んでいるみたいですが、本気で遊ぶための訓練です。

ダンサーさんたちも慣れてきて、笑いの耐えない稽古場になっています。
やっぱり媒体は違えども、表現者、芝居初挑戦の人でも、吸収が早いような気がします。
体を自由に動かせるのは、すごい武器です。
超よびも負けてられません。
「ダンサーと役者という区切りはつけません」というマイケルさんの言葉どおり、
誰もがダンサーで、全員が役者です。
みんなで思い切り遊びましょう。

  1. 2009/05/17(日) 23:38:24|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ア・メ・リ・カ~♪

最近、上別府さん、徳永さん、私美香Lは、
『ミュージカルシアター』のクラスに参加しています。
ティーンのためのミュージカルレッスンなんですが、
マイケルさんと奥様のご好意により、
オーバーサーティーが必死に踊ってます。

もう、ほんとーーに楽しい!
生きててよかった!ってくらい楽しい!

憧れのミュージカルナンバーで歌ったり踊ったりするんです。
今のレッスンは『アニーよ銃をとれ』より『ショーほど素敵な商売はない』
そして『ウエストサイドストーリー』より『アメリカ』。

子供たちがどんどん変化していくのも楽しみです。
最初は緊張気味だったけど、回を重ねるごとに、
伸び伸びと自分らしさをみせてくれます。
楽しそうにしてるのを見るのって、楽しいなー。

このうち何人かは、『綱吉くん』にも出演してくれます。
みんなに負けないように、大人気なくがんばるぞ!



アメリカ

(写真は舞道ダンスシアター公式ブログより頂戴しました)
  1. 2009/05/17(日) 16:43:03|
  2. 日枝美香L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウチはラムだっちゃ

aggiで寝る

Aggiで寝る超女子。

Aggiで踊る男子

Aggiで踊る超男子。
そう、カフェ公演の休憩時間には、ミュージカルの曲をかけて踊っていました。

綱吉くんの稽古は順調です。台本も数ページ上がってきました。
ミツルギさんは、いつにも増して筆がのっているみたいです。

GWも終わりましたね。
私は、新しくなった甲子園球場に行き、巨人に負けて、次の日は『高橋留美子展』へ。
トラトラな休日です。『フルーツ大コウモリがくる』のサクランボ姫におともしました。ナカタアカネ(トランスパンダ)さんです。私は、人と美術展に行っても、決して一緒に見ないので、今回もそれぞれで楽しみました。ナカタさんは初めてご一緒したのだけれど。だって立ち止まる箇所が違うし、美術館では私語は禁止だし。なので、映画館へ行ったときと同じ現象になってしまうのです。それでもやっぱり、こーいうのは好みの似ている人と行きたいです。だから無言でもなんとなく気持ちいいのです。

『うる星やつら』の作者です。らんまとか、めぞん一刻もあったけれど、やっぱりラムちゃんでしょう。となりで犬夜叉に興奮する小学生。寅柄のビキニをなつかしむ我々。マンガは世界をつなぐぜ~。
いろんな漫画家がラムちゃんを描いてました。吉田戦車や中川いさみにいたっては、もうなにがなんだか・・・。北条司(シティハンターやキャッツアイの作者)も「それじゃエンジェル・ハートじゃないか」って絵だし。そりゃそうです。一流の作家たちだもの。自分の個性は止まらない。そのなかでも、原哲夫(北斗の拳の絵を描いてる人)のラムちゃんは壮絶でした。筋肉隆々だし、稲妻はとびちってるしヒデブな感じでした。

みなさんも語尾に「だっちゃ」をつけてみてください。
懐かしい気分にひたれます。
  1. 2009/05/11(月) 23:19:00|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対談新聞お送りします。

対談新聞アップ

マイケルさんと、ミツルギさんの対談新聞。
なかなかの好評を得ております。

「演劇人は必見」by向田倫子(ババロワーズ)
今回のアメリカ公演話に始まり、演劇に対する熱い思いや、俳優とは・・・など結構マジメな内容です。一人でも多くの方に読んでいただきたいです。

そこで、未読の方に超人予備校からのプレゼント!
限定30部
下記まで80円切手を送付してください。この『対談新聞』をお送りいたします。
必ずご住所とお名前を書いてくださいね。

〒534-0027
大阪市都島区中野町1-13-20-203福井方
天満宮オフィス「対談新聞」係行

皆様からのお便りをお待ちしております。
もし超よびのお芝居を見た感想などあれば、およせください。励みになります。
では、良い週末を!




  1. 2009/05/08(金) 23:05:15|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かんしゃ落語会に来てくれた人に感謝

4月29日の祝日に開かれた「かんしゃ落語会」、無事に終了することができました。
お客様も多く来られて盛況のうちに幕を閉じました。
メンバーは超人予備校から魔人ハンターミツルギ、尾松由紀、上別府学。そして普段から親交のあるThe Stone Age からアサダダイキさん、坂本あきらさん、武庫川探検隊隊長さん。
こんなめずらしい組み合わせは2度とないかもしれません。
アサダさん、坂本さん、魔人さん、お三人さんの落語も素晴らしかったです。
がすごいのは大喜利でした。座り順がみごとに超人予備校チーム、The Stone Ageチームに分かれての大喜利でした。
こんな感じの座り順でした。
アサダ 武庫川隊長 坂本 上別府 尾松 魔人
どうです?見事な並びでしょう?
面白くないわけがない。それぞれの個性をフルに出して笑いや感心の声が会場から沸き起こっていました。お客さんになって前から見てみたかったです。
本当に素晴らしい落語会でした。
 
  1. 2009/05/01(金) 23:43:45|
  2. 上別府学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おバカな人たち

みなさん、GWは、どちらへおでかけですか?
私は手はじめに、映画を見に行きました。

『バーン・アフター・リーディング』です。
大笑いする作品ではないですが、「もう!」と言ってしまう映画です。
登場人物は、みんな小市民でセコイ、そんなに悪党らしい悪党も出て来ない。
「だから何やねん!」と言いたくなります。そういえば、『マウし』にも、そんな感想がありました。
面白いのですが、あまりにもバカバカしくって、帰り道に思い出し笑いしました。
仰々しいオープニングと必要のない緊迫した音楽。
ブラッド・ピットも大バカでした。堂々とTOHOシネマズでやるのが凄いです。
絶対ミニシアターのノリです。
トホホ映画が好きな人にはオススメです。
  1. 2009/05/01(金) 22:31:55|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞道

マウし全員縦

『マウし』が終わり、かんしゃ落語会もすんで。
ついに『綱吉くん』まっしぐらです。
犬なのにまっしぐらです。

今日は、ミュージカルのお稽古でした。最初のほうは、バレエの基礎を教えてもらっていました。が、最近は、もう振り付けに入っております。
オープニングの場あたりや、ダンサーさんのところを稽古しました。マイケルさんが、2、3回動いただけで、同じことができちゃうんですね。すごい。私たちと体の構造が違うのかしら。
音楽とともにバシッと決まると、なんだか涙が出そうでした。こんなもんなのかなぁ。私らが「ミノ」とか「コリコリ」とかバシっと決めても涙は出ないよなぁ・・・とかいろんなことを考えてました。

稽古後にダンサーさんが「ミツルギさん、いまのシーンはどんな気持ちでやればいいですか?」と聞かれていました。新鮮でした。すごいです。私たちは、心を入れない訓練をしてきたので、意外でした。他の劇団だと気持ちから入るのかもしれませんが。でも、ダンスって台詞もないし、体で表現するには、内からでる感情をダイレクトに作ったほうがいいのかもしれません。

私らは、もっぱら声から入ります。その次に動きます。気持ちは一番あとで。本番でやっとこさ入ることもあります。台本意外の役者本人の解釈が進みすぎると、芝居の言いたいことが伝わらない場合もあるので。稽古しすぎないようにします。あくまでも私が超よびで学んできたことはそうです。

ミュージカルは芝居より、すごく時間がかかるようです。転換、振り付け、芝居、歌が一気に行われるのだから、そらそうでしょう。

音楽がかかって、ダンサーさんが踊るだけで、こんなにも感動するとは・・・・わたしゃ本番まで何回泣けばいいのでしょう。ちょっとゾクゾクした夜でした。
  1. 2009/05/01(金) 00:47:53|
  2. 中川琴乃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0